女になる夢

あれ

暫く聯絡がなかつた友人の――名前の下の、薄い番號が、見知らぬ番號になつてゐた。――電話番號、變つた? やつぱ引つ越したのかな? 彼は、環境の變化があつた、とこぼしてゐた。そのために逢ふのは難しいと。――彼とは、一年と四箇月逢つてゐない。さう、最後に逢つたのは昨年の八月なつ――そこで、留守電メッセージが入つてゐる事に氣附いた。珍しい――こんな機能、一度も使つた事ないのに。私は違和感のある心持で、再生ボタンを押した。こもりがちな、數箇月ぶりの彼の聲がきこえてくる――いやにどきどきする。

ああ、あのなあ、イト――と――今、仕事やめてきたところだ。それからなあ――性別が變つて、男から女になつた

――は?

男から女になつた――仕事をやめた――てつきり引つ越しのメッセージかと思つてゐたのに――私は信じられなかつた。が!? 私の好きなが!?

――急速に氣持が冷めていく氣がした。いや、私の中のは、だし! いきなり彼女と言はれても――どう扱つていいか分らなかつた。そして、の中にそんな葛藤があるとは、思ひもしなかつた。いつから? 何で? そんな素振りなかつたぢやない? ――といふか、を謳歌してゐたぢやない!? あんたの立派なペニスは、女好きはどうなつたの? またセックスできないの? シラユキさん……


私はと寢そべつてゐた。――何も變るところがない。私の中ではどの男より男らしい男だ――私はまだこの人が好き――でもそれはどうなの? この人をと見る事はいけない事なの? ――もう何をどう感じていいのかも分らなかつた。――だつて、さう感じちやふものは仕方ないぢやない? どうして? いけない事? 好きをとこと感じる事は不敬? ……

――それで、シラユキさんは、好きな性別は、どうなの? 見た目的なが好きなの? が好きなの? 嗜好に變化はあつたの? ……

……

つていふか、戶籍は變へたの?

いや

ならば――突つ込んで聞いても構はないだらうと、私は浴びせかける。

世間の人にはトランスジェンダーつて言はれるんだね

さう、トランスジェンダー。まさかこんな身近ところで。でも戶籍がそのままならば、明かさない限りさうは見られないだらう。

トイレは? 風呂は? ……どつち入るの? ……あのね、ヒイロネットつていふサイトにはね、トランスジェンダーのインタビューとかたくさん載つてるんだけど、面白いよ

戶籍も、トイレも、風呂も、そのインタビューから得られた視點だつた。今日から女になります、といふのは、さう簡單なものぢやない――私たちはかなり日常的な部分で、性別を問はれてゐる。本質的に女として生きるなら――どうなつていくのだ? そもそもつて何なのだ? 彼は何をどうと感じてゐるのだ? その、境目ちがひつて何!? 女のトイレ使へば女なのか? 司法が認めれば女なのか?

――もう、わけが分らなくなつてきた。當人でもないのに、こんな事で惱みたくない。

ねえ

私は當の、大問題を言つた。

私は……シラユキさんの事、好きでいいのかな?

……まだ好きで、ゐてくれるんか?

だつて、私の中では……駄目かな?

いいんよ、どうでもいいんよ……

彼は腕を廻し、私を抱いた。

彼の見えぬ闇の中で、私は泣いた。


私は彼の特質を利用して好きなのだけれど、それでいいのかな。彼はどう扱はれたいのかな――彼が私といふ女を叩き出すまで、彼は、私の中の一番の男。