宣傳系サイト所感

文芸Webサーチ

  1. バナーが無くて見易いし、
    1. バナーを用意しなくていい
    2. バナーが無くて不恰好に表示される事が無い
  2. カテゴリも望むものが多い。
  3. 何より、登錄者に强い言葉(煽情的・ポルノ的)を遣ふ人が少ない

ので、心を搔き亂されずに閲覽する事ができる。しかし

  1. おすすめサイトはトップリンク感謝サイト
  2. リンク切れを通知しても反映されない

のがちと殘念。結構リンク切れてるサイトあるんよ。

とかく、長く續いて欲しいサイトではある。

私自身落著けて、利用する價値が見出せ、樂しい(宣傳系)サイト

駄文同盟.com

  1. そこそこデザインもいいし、
  2. 閲覽者を樂しませる工夫もなされてゐるが、
  3. ポルノ用語が飛びかつてゐて
    1. どうも。
    2. 編輯畫面をブックマークすればいいだけの話かもしれないが、やはり全體として愛せるかどうかは重要だと思ふ。後ろめたさが無い事。登錄も含め、利用する事はそのサイトの支援であるからして。
  4. おすすめサイトが人力なのは好感。
  5. その他、檢索エンジンを改良してゐたり
  6. おすすめサイトの基準を見ても
  7. 管理者の熱量と作り込みが細かな事は明白

なので、サイトとしては好きな部類かもしれないな。18禁が蔓延つてゐても憎み切れない手作り。私は

  1. カテゴリの多さが大好き

で、いつつも登錄する際のシュミレーションをしてゐる(その氣も無いのに)。

  1. 弘吿は駄文同盟.comで検索された単語に関するグッズのデータをランダムに表示していますとの事。
    1. 當然ながら18禁もある。
      1. しかし特に警吿表示も囘避手段も無い
    2. 右カラムのお蔭か、あまり氣にならない(檢索結果に集中できる)のが設計の上手いところ。
  2. 年齡制限サイトの除外檢索ができるのは有難い。
    1. かういふ囘避手段があるのは有難い
  3. 相互リンク必須。
    1. リンクは自由の方針ではあるが、まあ互ひに宣傳し合ふといふ契約だからね。
  4. 2018年10月1日:1年間更新していない/更新しないサイト
    1. ぽつと出のページを登錄しようと思つたら、これで引つ掛つた。
      1. 同盟サイトなんか更新しにくい部類なんだからさ、例外くらゐ設けて欲しかつたなあ。
        1. 更新しなくても、殘す價値はあるんだよ。
        2. 無論稼動してゐるサイトを見附けたい氣持はあるが。
        3. 登錄してゐる同盟サイトは何を更新するつもりなんだらう。
          1. 精々サイトデザイン、名簿、バナーくらゐではないか。
    2. 1年中更新するか分らんし、試しに1年間登錄してみる、つて事もできるが、
    3. 制限せざるを得ない状態に陥ってゐるサイトに負荷を掛けるのも厭だから、やめた。
      1. そんな大した內容ではないし。
      2. だから分散とか特化つて大事なんだなあ、つて思つた。
      3. 案外に、似たやうなサイトが亂立してゐるのも、役に立つてはゐるのか?
  5. 2018年10月1日:たまたま檢索をしてゐたら動的なリンク方法が気になってゐる、といふ人を見掛けた。
    1. 確かにリンクといふ視點から見ると、氣持惡いかもしれないな。
      1. 轉送だから。
      2. 參照先そのものにリンクしてゐるわけではない。あくまで內部リンク。
    2. 駄文同盟.comに限つた事ではないんだが。
  6. 2018年10月1日:規約/注意事項が長い・多い
    1. 單純に讀みづらい
    2. 可/禁止/注意事項を判別・把握しにくい
      1. ページの分割が、かへつて混亂を招いてゐる感。
      2. 登錄者とそれ已外の利用者で、それぞれが要する事項をはつきりとさせて欲しい。
      ちやんと手引きしてくれてゐるとは思ふ。
    3. くどい
      1. 同じ內容を何度も表示する事は、集中を深めるどころか停滯させる。
        1. 前後で何が變つたかの判別に時間が掛るから。混亂する。
        2. 同時に(利用者は)何度も言はなきや分んないといふメッセージを發する事にもなるので、大抵の人間は苛立つ。
        3. 分らせる方法なんて無いので、
          1. 徹底して規定を嚴しくする(篩に掛ける)か、
          2. 利用者の方から見切りを附けてもらふ(提供に限りをつける)か
          3. (つまり利用者を減ら)した方が早い。
          4. 誰でも歡迎~みたいなのは、總じて(サイトの)質の低下を招く
            1. 色んな人のゐるサイトを見て思ふ事。
            2. 誰でも歡迎つつたら、誰でも歡迎なんだよ笑。
            3. 誰でも歡迎つて、誰でも言へる言葉だからね。
    4. それでもweb向きの書き方をしてゐる事は評價したい。
      1. もうちよつと强調部分を增やして欲しい感はあるが。
    5. 企業なんかの利用規約(契約文書)の長さよりはましではあるが。
    6. これはまだましな方で、酷い場合はリンク→リンク→リンク→……隱しリンク。
      1. さすがに近年は減つて來たやうではあるが。
        1. リンク→リンク→リンク→……は企業でさへやらかしたりする。
      2. クイズ形式も煩はしい。
  7. 2018年10月1日:先にも觸れたが、制限せざるを得ない状態に陥ってゐる事。
    1. わざわざ苦しがつてゐる人のところに行く必要は無い。
    2. そこまでして宣傳したいといふ意慾も無い

クリエイター×コレクション

  1. 良質なサイトが見附けられた

ので、死ぬ憶は登錄してゐる。ただ、

  1. サムネイルはTridentエンジンの描寫らしく、デザインによつては恰好惡く寫つてしまふ

のが殘念。

  1. トップのカテゴリリンクがアクセスランキングランキング/人氣順)になつてゐる
    1. のが不滿。私は更新日の新しい順更新順)の方を見たい(見せたい)。
    2. ランキングサイトなので仕方無いといへばさうなのかもしれないが。
  2. バナーを用意しなくていい
  3. 18禁は登錄禁止
    1. してゐるので、そのへんは安心して觀る事ができ、身構へなくていい。
  4. 2018年10月1日:登錄サイト個別に詳細データがあつて、人気度クリコレ→登録サイトへアクセスされた人数)などが見られる
  5. 2018年10月1日:トップの新著・更新サイトが小つちやくて目立たない
  6. 2018年10月1日:何となしサイトに愛著を持てない

ので、利用には積極的ではない。

死ぬ憶は一囘消してゐて、今囘は二度目の登錄である。しかし登錄した先から消したくなつた(クリコレに關心を持てない)。

まあ、放置してゐてもいいんだけれどね。

アダルトクリエイターズ成人向け

  1. カテゴリが完全にポルノ視點である事、
    1. 私の見せたい視點ではないといふ事。
    2. (サイト/作品と)ズレてゐる。
  2. 弘吿がある事
    1. 弘吿も視界に入るものであるからして、重要。これで不快感を得る事は多い。

から、君ちんは登錄できるけれど、候補から除外してゐる。

  1. 2018年12月22日:登錄する事にした。
    1. 畫像や弘吿が控へ目で、18禁專門(全年齡對象と區別してゐる)の宣傳サイトとしては、不快感が最も少ないと感じたからだ。
      1. 「官能が主體でない」18禁小說サイトとして宣傳していく事の難しさで觸れてゐるが、官能を前面に出さない(18禁專門)宣傳系サイト、といふのは實に少ない。

よろずりんく

  1. 更新も積極的

で無難なサイトに思へるが、

  1. ヒット件數が少ない時のページ送りが氣附きにくい
  2. 希望カテゴリでめぼしいサイトが無かつた
  3. 中途半端な性コンテンツカテゴリ(強姦寝取られなど)がある

のでやめた。又、

  1. 除外檢索でカテゴリが指定できない。
  2. カテゴリにカップリング無しがあるのは好感。
  3. バナーが無い場合はテキストリンクにしてくれる。(檢索エンジンのno bannerつて、センス無いのが多いんだよなあ)

幻影の彼方

そこそこ人氣のやうだが、

  1. 登録禁止サイト男性向けのアダルトコンテンツが癪に障つた
    1. 男性向けのアダルトコンテンツが明確に何を指すのか述べられてゐない。
    2. ○○向けといふのが好きでない

のでやめた。又、

  1. 全體的に文字色が薄く、
  2. 指定フォントが明朝體で讀みづらい。
  3. フレーム風のサイトデザインが落著かない。
    1. ページを讀込む度に、カウンターの畫像がチカチカする。
    2. フレームといふか、目次インラインフレームで參照してゐる。
      1. 表示されたページには、目次は含まれてゐないといふ事。
        1. フレーム(外部參照)は參照元が把握しにくい
  4. 檢索の仕方が分りづらい
    1. サイトマップといふ表記、
    2. 加へて列擧の仕方が惡いのか、カテゴリがカテゴリとして認識できない(そのやうに見えない)。
    3. モノクロの色調のせゐか、檢索フォームも目立たず判りにくい
  5. 登錄サイトのチェックはしつかりとしてゐるやう。
  1. なぜ男性向けのアダルトコンテンツは駄目なのか? と問ひたくなるが、恐らく管理者のミズキさんがさういふサイトを閲覽できないのだらう。基本的に企劃參加型や登錄型のサイトでバッテンが出されるのは、それが企劃の趣旨に合つてゐないか、企劃者の手に負へない・關り合ひになりたくない人間・コンテンツか、のいづれかだ。個人管理なら尙の事。

作品登錄型:小説の匣

  1. 性コンテンツがトップ畫面に出て來る事(PRボード)、
  2. 性描寫の强いサイトが目立つ

から近寄りがたかつた。次いで

  1. 性コンテンツを區分けしてゐるにも拘はらず、性的要素の强い弘吿を載せてゐる事。
    1. 例として、乳首・性器を隱した裸體
    2. 所謂エロゲーの宣傳など
    3. イラスト(繪)もあれば寫眞もある
      1. 性行爲を思はせる體勢を取つてをり、かなり生々しい。
    4. アフィリエイトのシステムはよく分らんし、表示される弘吿はランダムかもしれないが、2018年9月29日現在は上記が表示されてゐる。
    5. 成人向け小説、画像、イラスト、広告を主体的に掲載しているサイトつて、すごいブーメランになつてないか?(强調は引用者による)
      1. あくまで登錄サイトに對してであるが、
      2. 管理者が規制したい(サイトの見せ方にこだはつてゐる)事は確か。
      3. 弘吿がサイトにそぐはないのではないか。
  2. そしてカテゴリがズレまくつてゐる
    1. 氣がしてならない。 など、古臭い商業誌みたいだ。
      1. ファンタジーに哲學とか、
      2. コメディーにしか日常が無いとか、
      腑に落ちない分類が多い。管理者は小說を讀まない人間なのでは、と疑つてしまふくらゐだ。あるいは、自分が好きなジャンルをそのままカテゴリに起したのかもしれない。

作品登錄型:恋愛遊牧民R+【R15】【R18】【社R】描写

  1. 全年齢対象の方で性的要素のある弘吿を出してゐた
    1. 性行爲の詳細な描寫がある漫畫の宣傳
    2. ラブコスメの宣傳など
      1. 商品の性質上、性に關する具體的な話題・情報を取扱ふ。
      2. ボディ(性器含む)ケア商品や入浴用品もあり、一槪に年齡制限/警吿表示が必要とは言へないが、
      3. 性描寫が主體の漫畫や小說を揭載してゐたり
      4. 18歲未滿の商品購入・登錄はできなかつたりする。
        1. ケア商品や自慰の道具(と避妊道具)くらゐは開放しても良ささうだが、まかり間違ふと、性器(ひいては肉體全般・精神)を傷附けかねないしね。
    3. 表示される弘吿はランダムかもしれないが、2018年9月29日現在は上記が表示されてゐる。

ので、リンク集から外してしまつた。次いで、

  1. 恋愛(メロドラマ・ラヴロマンス)ものに興味が無い/抵抗がある事、
  2. 作品が恋愛ものではない事、
  3. 恋愛ものと混同されたくない事。
    1. 非戀愛作品が登錄ができるのは嬉しいけれど、それつて恋愛小説検索サイトのコンセプトから外れはしないだらうか。除外檢索もできるし、非戀愛ものでも男女なら樂しめる讀者もゐるだらうが、腑に落ちない。將來的に移動させられるのではないか、といふ懸念もある。
      1. 非恋愛なら男女でなくても可?
  4. 登録条件官能小説作品/アダルト小説作品登錄不可能つていふのもよく分らない。
    1. 既存の登錄サイトと何が違ふのだ?
    2. 官能小說といふのは、Wikipediaによると官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンルらしいが。(强調は引用者による)
      1. 2018年9月30日:この手の矛盾は、度々感じる
    3. 恋愛遊牧民に限らず、駄目な基準をもつと明確にしろと言ひたいが、多用な表現がある已上、それはできないのだらうな。加へてがあつた方が、登錄は呼込み易いのだらうし。
    4. つまり管理者の匙加減である。コンセプトや理想に一貫性を持たせるなら、規定や自治は必要であらうが。
    5. 解決を望むなら、管理者に直接サイトを觀てもらつた方が早い。
  5. R指定作品の除外檢索ができる事、
  6. 非恋愛カテゴリがあるのは好感。
  7. 相互リンク必須。
  8. メルマガ受信必須。
    1. どうやつて聯絡事項を傳へるか、つていふのも課題ではある。
    2. 確かに何十人・何百人といふ利用者に通知を飛ばすには、メルマガが無難かもしれないな。今のところ。
      1. 2018年10月1日:と思つたが、登錄の際にメルアドが送信されるなら、別にメルマガでなくてもいいのではないか。
        1. どの道、アドレスが無效になつたり、報せが讀まれなかつたりするのは防げない。
        2. 牽制にもなつてゐない。
        3. 精々、あー登錄してたつけなと思ひ出させるくらゐぢやないか。
  9. 2018年10月7日:バナーについて、写真・イラストを問わずアダルト系や性描写、キスシーン等のバナーは使用禁止といふ制約があるにも拘はらず、弘吿にはそのやうな描寫がある事。
    1. あくまで登錄作品のバナーに對してであるが、
    2. 管理者が見せ方にこだはつてゐる事は確か。
    3. に加へ、R+も又弘吿がサイトにそぐはないのではないか。
  1. 10/1より「全年齢作品」の登録解禁との事だけど、要するにR+混在で、全年齡のみといふ事になるのか。せつかく棲み分けできてるのに。
    1. R+で登錄した全年齢作品は、是非でも檢索できるやうにしてもらひたいね。
      1. R+のみでしか表示されないとするなら、閲覽者は全年齢作品を探すのにわざわざR+(R指定サイト)をくぐり拔けなければならなくなる

その他

  1. 作品登錄型は
    1. 作品ごとにパスワードを設定せねばならず、すごく面倒
    だと感じた。ユーザー登錄とかして、そのへんの雜務は輕減できないものかね。

2018年10月3日:コンセプトに背いたサイトは切捨てる

後述の補足にも關聯するが、

  1. コンセプトに背いたサイト
    1. 全年齡向けにも拘はらず、刺戟の强い
      1. 裸體性行爲
      2. あるいは性行爲を想起させる
      3. 流血等
    2. コンテンツを載せてゐる、など
  2. は、利用する事も、獎める事もできないし、
  3. リンクする事すら厭だ。
  4. 樣々な人間・コンテンツが混在するサイトならば、きつぱり載せないといふ事が重要だと思つたよ。
    1. ラノベの表紙エロすぎ問題についてを讀んだ後で。
    2. 本屋とかコンビニ等の雜誌棚に平然と成人誌があるのも、よくよく考へると有り得ない事だよな。
      1. あらゆる人間が、(少なくとも表紙は)見るのに。
        1. 3人の孫をもつおばあちやんが~とか、女敎師とか、ロリかはいい女子高生とか、子供でも知つてゐさうな單語ででかでかと、肌を曝け出してゐるんだが。
        2. 題材が身近であればある程、刺戟的・衝擊的であり、精神を害す人もゐるだらう。
      2. は賣物足り得ると知るのだ。
        1. 性(を持つ)=自分/他人。
        2. 自分/他人はいつだつて賣物になるし、賣物として見られてゐる。
      3. (性別)は肉體を賣るものと思ひ込みかねない
    3. 行かなければならない場所にさういふコンテンツがあると、本當に苦しくて仕方無いんだ。
  5. このコンセプトに背いたサイトつてのは重要で、私の場合はに强く反應するが、人によつて
    1. 質の低いサイト/作品を載せてゐるとか、
    2. (利用するサイトの)揭示板が荒れてゐるとか
    3. リンク切れが多いとか(つまり管理不足)、
    4. 分類(カテゴリ)がをかしいとか、
  6. 怒れる內容は何だつていいんだ。
  7. 自分が誠實だと思ふサイトだけ利用しろ。そして紹介しろ。

補足:ルールがあるなら、はつきりと

  1. そもそも何が18禁なのか分らない書き手・讀み手もゐるのではないか。
  2. 企劃者の勝手でもいいから、具體的なレーティングがあると助かるね(制限を設けるなら寧ろ必須ではないか)。
    1. そのへん恋愛遊牧民ははつきり書いてゐてくれて有難い。
  3. あくまで自分のサイトのルール(自分の創りたい世界の構築)なんだから、企劃者は堂々と明示すべし。閲覽者は氣に入らなければ捨置くだけ。
    1. まあ、自由にしたいといふ氣持もあらう。
    2. 駄目なものが來て、初めて制限の必要性に氣附く事もある。
    3. ルールも又育てていくしかないか。
    4. 參加者は具體的に質問すべし。

2018年9月30日:補足:アダルトサイト禁止つてなに?

補足:ルールがあるなら、はつきりとにも通ずる。

アダルトサイトは禁止だけどR18はOK☆みたいな、一見矛盾した規約・狀況を見る。

登錄サイトを見ると、あれ?つてなる事は多い。

  1. 2018年10月3日:管理者は、登錄サイトを自主的に載せてゐる、
  2. 又自サイトのコンテンツの一部であるといふ事を自覺すべし。

各サイトでの禁止狀況

サイト禁止狀況備考
文芸Webサーチ 文の一部で表現上18禁となってしまう場合は、[R-18]等の文字を紹介文に入れることで登録可。(强調は引用者による)
  1. 18禁つて何?
  2. つまり18禁主體は駄目?
駄文同盟.com
  1. 企劃管理者基準。
  2. しかしそれ已外はOKつていふ分り易さ/寛容さが好き。
  3. 実写つてのがポイントみたいだ。
クリエイター×コレクション サーバーの規約により2017年4月以降は18禁要素を含むサイトに関しましては、ご登録を禁止させて頂きます。(强調は引用者による) 12禁15禁は可か。
アダルトクリエイターズ成人向けR指定の創作活動を行っているクリエイター様、もしくは創作活動を支援しているサイト様なら誰でも無料で登録することができる(强調は引用者による) R指定が必須事項。
よろずりんく 特に明記なし18禁登錄可
幻影の彼方 登録禁止サイトより:
  1. 男性向けのアダルトコンテンツのあるサイト様は、内容の如何に関わらず御登録頂けません。(强調は引用者による)
  2. 掲載されている広告がアダルトである場合、男性向けのアダルトコンテンツのあるサイトとみなしますので御登録頂けません。(强調は引用者による)
  1. 男性向けとは何を指すのか?
  2. 何がアダルトか?
小説の匣 登録規約より:
  1. 性的、あるいは暴力的な内容を含む作品で、一般読者から不快感をもたれるであろうと管理人が判断するもの。
  2. 年齢制限(性的表現、暴力的表現、その他グロ等)の内容を含む場合は、目次もしくは作品の冒頭で注意事項として表記されるようお願いいたします。時にR18コンテンツ登録にはこれが必須条件となります。(强調は引用者による)
  3. いわゆるアダルトサイトと称されるようなサイト。具体的には成人向け小説、画像、イラスト、広告を主体的に掲載しているサイト。(强調は引用者による)
成人向けといふのも曖昧よな。アダルトから言葉を換へただけだし。
恋愛遊牧民R+【R15】【R18】【社R】描写新規登録より:
  1. 官能小説作品/アダルト小説作品(强調は引用者による)
  2. アダルト・サービスサイトへの広告設置やバナーの入るページ展示作品(强調は引用者による)
これの不滿については恋愛遊牧民R+の項で述べた。

補足:こうこくは選べ

弘吿は、信用問題に關はる。

  1. webサイト全般にいへる事だが、弘吿揭載者は、信條・サイトコンセプトに合つた弘吿を選んで欲しい。でなければ信用などできない。問題が無いと自負してゐるならば、それで構はない。私は捨置くだけだ。
    1. サイトに揭載してゐる總てのコンテンツが、管理者のメッセージであると心得るべし。
      1. だからサイトに無駄など有り得ないし、意圖的に不要なコンテンツを埋込む事なんて、不可能なんだ。
  2. 2018年10月7日:自分で弘吿を選んでゐない弘吿揭載者は、金のために關心の缺片も無いものを世界に擴散してゐる事を自覺せよ。
    1. 說明のできないものを獎めてゐる自覺はあるか?

補足:フレーム(外部參照)は參照元が把握しにくい

フレームの良し惡しについては私も分らんが、經驗した分には、

  1. フレームで參照したURLがリンク切れを起すと、閲覽できなくなる
    1. 目次が眞つ白、
    2. あるいはメインコンテンツ部が眞つ白など
  2. 引用・言及の際に、參照元(原典のURL)を把握しにくい
    1. フレームの參照URL(src屬性値)が變つてしまふと、原典を閲覽できない
      1. 2018年10月3日:これはリンク(href屬性値)でも言へさうだが、
        1. 要するに、フレームだと氣附かずブックマークやリンクをしてしまふと、
        2. フレームを表示してゐるページが消えたり、src屬性値が變つたりした時に、
        3. 目當てのページに辿り著けなくなる、といふ事。
    2. 嚴密なソースを示す事は、價値判斷に重要

補足:せんさいなコンテンツに囘避手段を

web全般にいへる事ではあるが。制限でも觸れてゐる。

2018年10月1日:觀る側は嗅ぎ取る事、創る側は自分にとつての害毒を流さない事、精々できるのはそのくらゐではないか。

2018年10月24日:閲覽制限できない(不可能な)のだから、そもそも載せる事自體が不適切

  1. 2018年10月3日:ラノベの表紙エロすぎ問題について|汐街コナ|note
    1. 性的表現が野放しになつてゐる事の何がいけないのか(何が懸念されるのか)、
    2. 又、なぜゾーニングが必要なのか、を具體的に述べる。
  2. 2018年10月3日:理想は、自動でデフォルトで18禁が除外されてゐる事。
    1. 例へば、小說カテゴリをクリックすると、大抵の檢索サイトは18禁サイトまで表示される
      1. これは本屋やコンビニの雜誌コーナーなどと同じで、實質的にはゾーニングできてゐない(眼に掛る)。
      2. 18禁ですと表示されてゐても、バナーやサイト名、說明文まで規制してゐるサイトは殆ど無い。
      3. 特にwebは年齡認證ができるわけではないのだから/誰でも見られてしまふのだから、非表示にするのが無難なはずだ。
        1. 禁じられてゐても、誰も見てゐなければ慾望に身を任せ易いだらうし、
        2. それが普通になつていく。
        3. 最初から野放しになっていると、子供たちは、エロコンテンツの世界を「当たり前の自分達の日常」として取り込んでしまいます。ラノベの表紙エロすぎ問題について|汐街コナ|note
          1. 2018年10月7日:(性別)は皆(性的)奉仕/搾取をするものなんだ、と思ひ込みかねない。
            1. (性別)は××なんだからと、性別(容姿・肉體の機能)で人を判斷する傾向。
          2. ポルノコンテンツは性別性(性別による役割)が强く、そのイメージを演じてしまふ事も有り得る。
        4. アクセスできる狀態は野放し狀態だよ。
          1. つて思つたけど、18禁カテゴリ踏めばいい話なんだよな?
          2. webそのものが混在の本屋つて事か。
          3. しかし萬人向けを謳ふなら、デフォルトで除外しろ。害になる可能性が分つてゐるなら。
            1. でなけりや、18禁カテゴリの存在意義は半分だつてない。
              1. それを望むものにしか德が無い。
      4. これ、かなり負擔(見てゐて苦痛)なのだが――だからこそ、18禁禁止サイトに行つてしまふんだ。
        1. なんか18禁禁止サイトつて、今ではすごく珍しい氣がするよ。
        2. 刺戟的なものを創る人が增えたのかもしれない。
        3. もう、webネイティヴだと、常に刺戟にさらされて生きていくんだなと思ふ。それがエロにしろグロにしろ暴力にしろ宣傳にしろ、身を剝いた表現に。
    2. webであればこそ、プログラムで自動に處理できればこそ、デフォルト(初期設定)は非表示であるべきではないか。
      1. デフォルトで18禁彈くつて、どの(宣傳系)檢索サイトでも見た事ないんだが、できないのか?
        1. 管理者がそこまで氣が廻らないのかね。
    3. さう考へると、なろう18禁は外部サイトのみ檢索可、つてのはよくできた措置なんだなあ。
      1. 補足:○○向けでは嚴しく追求したが、このゾーニング對應は評價できるよ。
        1. ヴューの多いサイトでは除外し、
        2. 件の18禁サイトはさりげなく案內する、つてのは無難だと思ふ(さういやクリコレアダクリへのリンクは張つてないんだよね)。
      2. これを他のサイトが見習はないのは不思議ではある。
      3. 判断基準が示されてゐるのも良い。
      4. 昔投稿しようと思つた時に抵抗があつたのは、
        1. 年齡で區別される事に疑問があつたのと、
        2. 男性向け・女性向けの指定が必須で
          1. 作品にレッテルを貼つてしまふ事、
          2. そのやうに(レッテル通りに)讀まれてしまふ事、
          3. 男性にも女性にも――誰にも讀んで欲しかつたからなんだ。
    4. 2018年10月8日:18禁→要注意/過激/刺戟的コンテンツ。
      1. 一槪に年齡で括つてしまふ事を懸念して。
      2. でも(本人にも他人にも)耐性など分らないよなあ。
      3. ある程度は區切らなきやいけないのか?
    5. 2018年10月8日:18禁と斷定する基準は?
      1. 統一する?
      2. 統一しない(企劃や發行者などが都度設定する)?
      3. 基準を明記したものを常に參照できるやうにする事。
  1. 何がセンシティヴ・コンテンツ(纖細な/要注意コンテンツ)か:
    1. 性に關する話題・描寫(特に肌の露出や性的語彙)
    2. 暴力
    3. 攻擊的・煽情的語彙
    4. ……分らない。自分が傷附くもの、美感を損なふもの。
  2. そこに何があるかを記すだけで充分だ。
    1. 無論、視界に入らない措置ができれば望ましいが。
      1. どの道、情報は取捨選擇しなければならない。
      2. 取るならば、關心を生かせる情報を。
  3. 檢索サイトは、除外檢索ができたり、
  4. 要注意コンテンツを含む/含まないとで、カテゴリ登錄できたりすると良し
  5. 別サイトに分けても良い
    1. 混在よりかは、徹底した18禁なしなどの方が、安心できる。
  6. どこまで注意を向けるかといふ問題もあるが、
  7. 自分が氣附ける範圍で構はないと思ふ。
  8. いつでも・誰もが閲覽する可能性。

補足:○○向け

私はこの○○向けといふのが好きでない。

  1. なろうに見る が愚かしく思へるのもそれだ(ゾーニング自體は評價できる)。
    1. なろうのこの指定は複數選擇できるのかも知れないが、もし一つしか選擇できないのなら、明確な想定讀者層のゐない(あるいは性別といふ區切りでは讀者を想定してゐない)18禁作品は特定の讀者層から隔離されてしまふ事にはならないか?
  2. 向きとは要するに閲覽者を稼ぐための戰略ではあるのだが、さういつた對象がゐない書き手や作品にとつては障碍にしかならないのではないか。(特に)性別で區分けする事の憤りがここにある。
  3. 一種の、書き手の讀み手に對する決め附けがある。
  4. それが目當ての作品を探す助けになつてゐる事は認める。
    1. 一方でポルノ的手法(快樂至上主義/閲覽者・嗜好の劃一化)だとも思ふね。私は。
      1. 何がポルノに當て嵌まるのか?。恐らくありとあらゆる作品はポルノになり得るのだらうが、何が心を生かしてくれるのかは――心しか知らない。あるいは一生分らぬ事かも知れず。何が正しくて何が間違つてゐるかは、自分で決めるんだよ。

終末

  1. 熱くは語つたが、上記のなろうサイトを見るとどうでもよく、勝手にやつてくれといふ氣持になる。
  2. 血の氣が引く
  3. 所詮忌避の對象/興味の無い事に言及する事はできないし、中立の立場を取る事もできない。
  4. 一方の性別(あるいは人種・個人・集團/あらゆる槪念)を愛してゐると評する時、逆轉して(自分に置換へて)鼻で笑へてしまふやうなものは、自慰の道具にしてゐるに過ぎない。
    1. 自慰の何が惡いのか、といふ意見もあるかもしれない。
    2. しかし進んで認識を歪めてしまふ事もあるまい。
    3. 人を傷附けるよりましであるが、
    4. 現實と區別してゐるつもりでも、人は慣れてゐるものや好ましいものにげいがふしていく。
    5. 2018年10月3日:エロコンテンツは、当たり前ですが、見る人にとって都合よく作られています。ラノベの表紙エロすぎ問題について|汐街コナ|note)(强調は引用者による)
      1. エロコンテンツだけでなく、あらゆるコンテンツに。
      2. 女性の肉体が、男性に性的奉仕するための道具として消費されている
        1. 女性の肉体・男性・性的奉仕は、任意の言葉に置換へ可能。
  5. 自分も書きたくて仕方が無くなつてしまふ小說が、私は最高の小說だと思つてゐる。それが私の判斷基準。

2018年10月1日:補足:なぜ宣傳するのか

  1. 私はGoogleよりも、Wayback Machineに拾はれたい。
  2. どこまでやるか問題。
  3. 見附けられないと損問題。
    1. 公開リソースは廣く利用されたいとは思つてはゐるが、
      1. 要するに役に立てばといふ意思で。
    2. 宣傳に手間を掛ける程でもない?
    3. 創る事已外に勞力を割くつて事。
  4. 私には賣るべき何があるわけでもない。
  5. 金を得る已外に、有名になる事のメリットつて何なのだらう。
    1. 良いものを廣めたい?
      1. 確かに、リンク集を作つてゐる時の氣持がそんなだつた。これは皆の役に立つはずだ
    2. 人を集めて企劃をやつてみたい、といふ人には有用かも。
    3. 意見が集められる?
    4. 色んな體驗ができる?
  6. 答へは無い。
  7. 皆の眼を氣にすれば氣にする程、何も書けなくなつていく。