セックスする事は妊娠の意思表示

避妊の成功率が100%でないのなら、セックスする事は、明らかな妊娠の諒承である。

どのやうな理由を立てようと、避妊に確實性が無いならば、妊娠するかもしれないといふ事實は動かないままだ。

妊娠を望まないにも拘はらずセックスをするといふ事、それは望まない妊娠、すなはち厄介事として處理する事を諒承してゐるのだ。


ああ。

今まであらゆる詭辯を聽き、讀み、納得してきたつもりであつたが――もやもやはここにあつた、自分を欺いてきた痛みが、今ここにあつたのだ。さう、それは諒承であり、蔑ろであるのだ。明らかな事實を踏んづけて、一時の衝動に任せる事は。に對しての。

なぜ皆氣附かないのだらう、といふ憤りと恐怖があつた。なぜこんなにも簡單に、何も無しに、セックスが成立するのか。私はこはかつた。すごくこはかつた。今でもこはく、そして甚だ疑問なのだ。


間違つてゐてもいいから、後悔してもいいから、ここに記しておきたかつたのだ。

思へばこれが自我疑問怒り、思考の始まりだつた。私は書き物を始めたのだつた。あの頃見てゐたソースは、本當に酷かつたけれど。